用語集

ここではサイト内に出てくる短縮語・用語の正式名称と簡単な意味をご紹介しておきます。


OS Operating System

最大シェアのWindows、サーバー用によく使用されるUNIX、Linux。他にもMacintoshやMac OSも聞いたことがあるのではないでしょうか?
パソコンの基幹となるソフトウェアです。


URL Uniform Resource Locator

インターネット上の住所のことです。


HTML HyperText Markup Language

文書の論理構造や見栄えなどを記述するために使用される言語であり、これを用いてWebページは作成されている。


HTTP HyperText Transfer Protocol

主にHTMLファイルを送受信するのに利用するプロトコルです。
ブラウザというソフトでHTTPを介してHTMLファイルをダウンロードする、ダウンロードしたHTMLファイルをブラウザがレンダリング(描画)するのがいわゆるインターネットです。
ポート番号は80、SSLを使用するときは443です。


SMTP Simple Mail Transfer Protocol

メールの転送に用いられるプロトコルです。
クライアントからサーバー、サーバー間転送ともにSMTPが用いられます。
ポート番号は25、SSLを使用するときは465です。


POP Post Office Protocol

クライアントがサーバーからメールをダウンロードするために使用するプロトコルです。
一般的にはPOPのバージョン3を利用するのでPOP3と呼ばれる事も多いです。
ポート番号は110、SSLを使用するときは995です。


IMAP Internet Message Access Protocol

クライアントがサーバー内のメールを読み出すプロトコルです。
一般的にはIMAPのバージョン4を利用するのでIMAP4と呼ばれることも多いです。
POPとは違いメールをダウンロードするのではなく、メールそのものはサーバーに置きっぱなしというのが特徴です。
これによりメールの同期が簡単になりますが、その分POPよりサーバーに掛かる負担が大きく、サービス提供しているところは少ないです。
ポート番号は143、SSLを使用するときは993です。


FTP File Transfar Protocol

ファイルの送受信に用いられるプロトコルです。
HTTPでもファイルの送受信はできますが、こちらの方が一般的ですし転送も効率的です。
一般的にファイルを広く配信するために用いられてきましたので、SSLに対応しているものは少ないです。


SSL Secure Socket Layer

Netscape Communications社が開発した、情報を暗号化して送受信するプロトコルです。
どの情報を暗号化するのかによって使用するポート番号は変わってきます。


ISP Internet Services Provider

IPアドレスを貸し出す、インターネット接続を業務とするプロバイダーと呼ばれる組織、会社です。
Yahoo!だとかNiftyだとか、OCNが大手ですが、kokoはAsahiネットを利用しています。


JPRS Japan Registry Services

株式会社日本レジストリサービスの事です。
属性ドメインを含む全ての日本ドメイン.jpの元締めであり、この会社がjpドメインの登録管理を行っています。


ICANN The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers

IPアドレス、ドメイン、プロトコルなどの標準化を行う団体であり、インターネット全ての元締めはここであるとも言えます。


DNS Domain Name System

IPアドレスとドメインを関連付けるシステムです。
使用するポートはTCP/UDPの53です。


MAC Media Access Control

LANなどで利用される伝送制御技術です。
よく機械固有のMACアドレスとして耳にします。


DHCP Dynamic Host Configuration Protocol

IPアドレスを割り振るプロトコルです。
一般的にはISPからはグローバルIPアドレスをDHCPにより振り分けられ、ルーターからはプライベートIPアドレスを割り振られます。


LAN Local Area Network

ローカルエリアネットワークといい、WANと対比して用いられます。
家庭内、オフィス内などでプライベートIPアドレスを持つネットワークと言うこともできるでしょう。


WAN Wide Area Network

LANと対比して用いられます。
グローバルIPアドレスを持つネットワーク、全世界と繋がるインターネット世界のことです。


TCP Transmission Control Protocol

UDPと対比して用いられます。
インターネット上で用いられるプロトコルで、信頼性が高い反面転送速度は遅いです。
ポートを開いて接続するとき、TCPを用いるのかUDPを用いるのかを指定する必要があります。


UDP User Datagram Protocol

TCPと対比して用いられます。
インターネット上で用いられるプロトコルで、信頼性が低い反面転送速度は速いです。
ポートを開いて接続するとき、TCPを用いるのかUDPを用いるのかを指定する必要があります。


IIS Internet Information Service

Microsoftが提供するHTTP、FTP、SMTPサーバーです。
Windows Professional/Serverに付属しますが、全機能を使用するにはWindows Serverを購入する必要があります。


CGI Common Gateway Interface

HTTPサーバがクライアントからの要求に応じてプログラムを起動する、動的なページを作成するのに用いられます。
Perl言語で書かれていることが多く、UNIX系のサーバーではパーミッションの設定が必要です。
ISPのホームページスペースやレンタルサーバーなどでは制限されることもあります。


PHP Hypertext Preprocessor

CGI同様動的なページを作成するのに用いられるプログラム言語です。
ISPのホームページスペースやレンタルサーバーなどでは制限されることもあります。


S/MIME Secure Multipurpose Internet Mail Extensions

メールに用いられる電子署名/暗号化の標準方式です。
有用性は間違いないのですが、入手方法が有料だったり一般的ではないためか、私の手元にS/MIME付きで送られてきたメールはありません。


DB DataBase

複数のアプリケーションソフトまたはユーザによって共有されるデータの集合のことです。
商用大規模DBはOracle社のOracleが、それ以外はMicrosoft社のAccessが一般的です。
オープンソースのDBとしてはMySQLやPostgreSQL、BerkeleyDB、SQLiteが代表的です。
ちなみにMySQLは欧州で人気が高く、日本ではPostgreSQLが人気があります。
またSQLiteはPHP5に組み込まれたので、今度シェアが伸びてくるのではないでしょうか。


CA Certificate Authority

電子証明書を発行する機関です。
VeriSignが圧倒的最大手ですが、お値段も高いです。
個人で開設することもできますが、信頼性がありません。 


OP25B Outbound Port25 Blocking

ISPが実施する迷惑メール対策です。
ユーザーが25番のポートでメールを転送するとき、転送先がISPのサーバーを経由しない場合は通信を遮断してしまいます。


RAID Redundant Arrays of Inexpensive Disks

複数のハードディスクを用いてデータの冗長性を確保する仕組みです。
仕組みにより0から5まで名前がついています。


IPアドレス Internet Protocol Address

一般的にIPアドレスといったらIPv4のことを指します。
大別すると世界中に重複することのないグローバルIPアドレスと、家庭やオフィス内で割り振られるプライベートIPアドレスがあります。
自宅サーバーを構築するためには絶対グローバルIPアドレスが必要ですが、ケーブルテレビインターネットではプライベートIPアドレスを割り振られている可能性が高いです。


IPv4 Internet Protocol Version 4

8ビットずつ4つに区切られた32ビットの数値を使用して表されるインターネット上の住所です。
総数が人口よりも少ない約43億しかないので、次世代IPアドレス、IPv6に移行しようとしている・・・のですが、なかなか難しいらしく移行はお世辞にも順調に進んでいるとは言い難い状況。


IPv6 Internet Protocol Version 6

次世代インターネットプロトコルです。IPv4が約43億しか存在しないのに対し、IPv6では約340000000000000000000000000000000000000、約340澗存在するので枯渇する心配はないとされています。
(そんな数字知らないよ、という私を含めた人のために・・・万、億、兆、京、垓、し、穣、溝の次の単位が澗)
他にも色々、固定長ヘッダ、エラー検出、IPアドレスの自動設定 、ユーザ認証、パケットの暗号化、なりすまし防止等が含まれているらしいです。
kokoはIPv6環境ではないので興味がないし勉強もしていないので、ある日突然IPv6に変わるような事になったらうちのサーバーはしばらく落ちているかと・・・


NIC Network Information Center

Network Interface Cardという言葉もありますが、ここではNetwork Information Centerを紹介します。
IPアドレスを管理している団体ですね。
NICの総本山はアメリカのInterNIC(Inter-Network Information Center)で、ヨーロッパのRIPE-NCC(Resource IP Europeens Network Coordination Centre)、アジア・太平洋地域のAPNIC(Asia Pacific Network Information Centre)と共同で管理しています。
さらにこの下に各国のNICが存在し、日本の場合はJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)が管理しています。
ドメインのボスがICANNならIPアドレスのボスはNICです。