V
Mizushima Network Service  〜Windows/日本語/無料で始める自宅サーバー〜
TOP
Mizushima Network Service 〜Windows/日本語/無料で始める自宅サーバー〜 Last update. October 6, 2009
更新の履歴と予定とぼやき他
人気コンテンツはこちらに移動しました。
CPUの性能比較 / GPUの性能比較

このサイトはWindowsで!日本語で!無料で!自宅サーバーを作成する方法を解説しているサイトです。
(もっともおまけコンテンツの方がアクセス多いのですけど・・・) HTTPサーバーメールサーバーFTPサーバーブログwikiXOOPSライブカメラネットラジオ、 そしてセキュリティのためのSSL化、 あるいはLinuxに挑戦というふうに、私と一緒に自宅サーバーを構築・発展させていきましょう。

当サイトではインターネットの仕組み、あるいはネットワークというものに興味がある人を対象とし、Windows XP Professional Editionを使用して自宅サーバーを構築していく様子を図解しています。
図解はWindows XPですが、Windows 2000/VISTAでも問題ないはずです。
安定稼働する2000/XP/VISTA以降、あるいはWindows Serverをおすすめします。


mixi/ブログ/ホームページ 持ってますか?

mixi?ロリポップをはじめとしたレンタルサーバー?それともプロバイダのサービス?
では、あなたのmixi日記/ブログ/ホームページがURLではなく、物理的な意味でどこに存在するかご存じですか?
それはサービスを提供する会社のサーバーと呼ばれるコンピュータの中に保存されています。


サーバーとは?

自身が持つ機能やデータを提供するコンピュータを指します。
ブログ/ホームページというのはhtmlと呼ばれるファイルの集まりですが、このhtmlファイルが保存されているのがサーバーになるわけです。
そしてInternet Explorerをはじめとしたブラウザと呼ばれるソフトでアクセスし、保存されたhtmlファイルを見せてもらう。
これがいわゆるインターネットの仕組みです。

レンタルではないサーバーへ!

ホームページやブログ、メールといったサービスを提供してもらうのはもう止めましょう。
これからは家族友達にホームページやブログ、メールといったサービスを提供する側に回ってみませんか?


必要・用意するもの

Windowsパソコン
先にも述べましたが、OSはWindows 2000/XP/VISTAもしくはWindows Serverがおすすめです。
性能的には数年前のもので充分です。
サーバーはアクセスがあったときのみ対応をするものですから、大量のアクセスがなければ性能は求められないのです。
むしろ何もしていない時間が99%以上を占めるもの、だから性能は低くても問題ないのです。
さらにいえば昔のパソコンは今のものより電気代がかからなくて良いくらいです。
使われていない自宅のWindowsパソコンを有効活用・再利用しましょう。

インターネット接続環境とグローバルIPアドレス
接続環境は気にする必要はないでしょうが、問題はグローバルIPアドレスです。
詳しくはサイト内で語ることにしますが、CATVでインターネットに接続している方は難しいかもしれません。
また、グローバルIPアドレスを持っていても、プロバイダーで制限される可能性もあります。

少しばかりの努力と勉強、そして諦めない事

当サイトは本当に分かりやすく作ってあるつもりですが、それでも絶対躓くところ、壁にぶつかるところが出てくると思います。
諦めないでBBSやメールに書き込んでみてください。
できる限り丁寧にサポートするよう努力いたしております。


メリット、良いことって何かある?

覚えやすい/格好いいURL

プロバイダーなどのサービスで公開していたときのURLは
http://○○○○○○/△△△△△△△△/******
などという自分でも覚えにくいURLでした。
しかしこのサイトのURLをご覧下さい。
http://mizushima.ne.jp/
たったこれだけです。
しかもmizushimaというのは本名ですから、本人としては覚えやすく、格好いいではありませんか。

あらゆる点で制限がありません

無料なり有料なり、今まで利用してきたサービスでは上限100MBなどという容量に制限がありました。
でもこれからは、ハードディスクの空き容量=容量制限になります。

他にはカウンタなどに代表されるCGIでしょうか。
使えるCGIが限定されていたり、そもそもCGIを使わせてもらえなかったり・・・
でも自宅サーバーなら管理人は自分、制限なんてする方が馬鹿らしいですよね。

メールサーバーでメールアドレスが自由に、いくつでも使えるように

あなたのメールアドレスは自分で自由に決めたものでしたか?
でもその自由というのは半分以下でしかないとしたら?
自分で決められたアドレスは、@より前の部分だけだったでしょう。
しかも@の前の部分すら、他人が使用していれば利用できませんでした。
だから自分の第一希望のアドレスを使っている人はまずいないのではないでしょうか。

でもこれからは、@の前も後ろも全部自由に決定できます。
そしていくつでもメールアドレスを作成できるようになります。
追加メールアドレスが有料のサービスになど、もう戻れませんよね。

余談ですが管理人のプライベートアドレスは本名@mizushima.ne.jpです。
家族親戚中が自分の名字つきのかっこいいメールアドレスを使用しています。

FTPサーバーでファイルのやりとりだって自由自在!

大きなファイルのやりとりって、今まではどうしてましたか?
例えばデジタルビデオで撮影した運動会の様子を実家で見てもらいたいような時。
動画や音楽をCDやDVDに焼いて渡す・・・もちろんそれでも構いません。
でも焼く度にCD-RやDVD-Rを購入しなくちゃならない。
手渡しできる距離に相手がいるならそれでもいいかもしれませんが、遠方の人なら送料までかかります。

でもこれからは、動画や音楽のファイルを保存しておくだけでいい。
あとは渡したい相手にインターネットから取りに来てもらえばいいんです。


デメリット、悪いこと、大変な事はないの?

ここまで書くと良いことずくめに聞こえますが、残念ながら多少のデメリットもあります。
まず電気代がかかる・・・とにかくWindowsを常に起動していなくてはなりません。
起動していない時間は誰もホームページ・ブログを見ることはできませんし、メールの送受信もできません。
といってもそんなにものすごい電気代がかかるわけではありませんので、気にする程でもないでしょう。
それからセキュリティ、保守整備を自分でする必要があります。
これからは今までの環境以上に危険にさらされやすくなります、ハッカー達から狙われやすくなるのです。
他人に迷惑をかけないためにはセキュリティ、保守整備をサボるわけにはいきません。
でもこれは普段お使いのWindowsでも当然ですよね。

お話は以上です。
どうですか?少しでも魅力的な話に聞こえたら、私と一緒に始めてみませんか?