プライベートIPアドレスの固定

Windows XP 編
Windows VISTA/7 編

ここでは、ポート開放の前準備としてプライベートIPアドレスを固定化しましょう。
インターネットからサーバーへアクセスするとき、外の世界からはサーバーのグローバルIPアドレスしか見えません。
グローバルIPアドレスの何番ポートへのアクセスを、プライベートIPアドレスの何番ポートへと変換してやる必要があります。
しかしプライベートIPが変化してしまってはルーターで対応できなくなってしまいますので、固定化する必要が出てくるのです。

-Windows XP-

光プレミアム CTUのポート開放
コントロールパネルからネットワーク接続を開きます。


プライベートIPアドレスの固定

ローカルエリア接続を右クリックし、プロパティを開きます。


プライベートIPアドレスの固定

インターネットプロトコル(TCP/IP)を選択し、プロパティを開きます。


プライベートIPアドレスの固定

次のIPアドレスを使う、にラジオボタンを動かします。
IPアドレスに固定したいIPアドレスを、今回は192 168 24 3としました。
サブネットマスクを255 255 255 0
デフォルトゲートウェイをルーターやモデム、CTUのプライベートIPアドレスに合わせます。
今回は192 168 24 1としました。

次のDNSサーバーのアドレスを使う、にラジオボタンを動かします。
優先DNSサーバーの値をルーターやモデム、CTUのプライベートIPアドレスに合わせます。
今回は192 168 24 1としました。
OKをクリックしてサーバーのプライベートIPアドレスの固定は終了です。

-Windows VISTA/7-

プライベートIPアドレスの固定

スタートメニューからネットワーク接続を検索して開きます。


プライベートIPアドレスの固定

ローカルエリア接続を右クリックし、プロパティを開きます。


プライベートIPアドレスの固定

インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)を選択し、プロパティを開きます。


プライベートIPアドレスの固定

次のIPアドレスを使う、にラジオボタンを動かします。
IPアドレスに固定したいIPアドレスを、今回は192 168 24 3としました。
サブネットマスクを255 255 255 0
デフォルトゲートウェイをルーターやモデム、CTUのプライベートIPアドレスに合わせます。
今回は192 168 24 1としました。

次のDNSサーバーのアドレスを使う、にラジオボタンを動かします。
優先DNSサーバーの値をルーターやモデム、CTUのプライベートIPアドレスに合わせます。
今回は192 168 24 1としました。
OKをクリックしてサーバーのプライベートIPアドレスの固定は終了です。

以上です。
お疲れ様でした。