XOOPSを導入しよう

では、早速XOOPSの公式サイトからダウンロードしてきましょう。

XOOPSを導入しよう

最新安定バージョンのダウンロードをクリックします。


XOOPSを導入しよう

コアパッケージ(安定版)からzip形式をクロックします。
手持ちの解凍ソフトがtar.gzに対応しているのならもちろんこちらでも構いません。
ちなみにtar.gz形式というのは主にLinuxの世界での圧縮形式です。

ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍したフォルダの中にあるhtmlというフォルダをまるまるUP、ブラウザからアクセスできる位置に置きます。
私の場合、D:\AN HTTPD\public_html\htmlとしました。(普段ローカルのテスト環境はAN HTTPDなんです)
ブラウザからはhttp://mizushima.ne.jp/html/でアクセスします。


XOOPSを導入しよう

ブラウザ上でインストールウィザードが始まります。
次へをクリックします。


XOOPSを導入しよう

XOOPSに必要な条件が表示されています。
PHPとMySQLが必要です。
MySQLはphpMyAdminも利用して、あらかじめXOOPS用のデータベースを作成しておいてください。
次へをクリックします。


XOOPSを導入しよう

ファイルのアクセス権=パーミッションをチェックされます。
もっともWindowsにはパーミッションの概念が存在しないので問題はありませんが。
次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

データベースサーバはmysqlのままです。
データベースサーバのホスト名もlocalhostで構いません。
データベースユーザ名、データベースパスワード(ユーザーのパスワード)、データベース名を入力します。
XOOPSへのパス、URLはすでに記入されていますが、確認しておいてください。
次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

先ほど入力したものの確認です。
インストールに失敗する場合はここでの確認不足がほとんどです。
よければ次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

設定がmainfile.phpに書き込まれていきます。
次へ、をクリックしてください。


XOOPSを導入しよう

サーバー上のパス・URLのチェックが行われます。
次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

データベース設定の確認がされます。
パス・URLもそうでしたが、なぜこのように何度も確認が行われるのでしょうね?
次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

データベースへの接続チェックが行われます。
次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

データベースにテーブルが自動で作成されていきます。
次へをクリックします。


XOOPSを導入しよう

管理者の設定を行います。
管理者ユーザ名、メールアドレス、パスワードを入力し、次へをクリックします。


XOOPSを導入しよう

データベースにデータが書き込まれていきます。
次へ、をクリックします。


XOOPSを導入しよう

インストールは完了しました。
ここ、をクリックするといよいよXOOPSのメイン画面となります。
最初に指定したhttp://mizushima.ne.jp/html/ですね。

インストール完了後、htmlフォルダ内にあるinstallというフォルダを削除しておきます。
下手に残しておくと再インストールすることになりかねませんし、XOOPSから警告も表示されます。
また、htmlフォルダに存在するmainfile.phpというフォルダのプロパティを開きます。


XOOPSを導入しよう

属性を読み取り専用にしてOKを押します。
ここも読み取り専用属性を付けないとXOOPSから警告を受けます。

以上でXOOPSの導入は終了です。
お疲れ様でした。

インストール後のXOOPS