Image::Magickを導入しよう

Image::Magickをインストールしていきましょう。
まずはimagemagick.orgに行きます。

Image::Magickを導入しよう

左のメニューからDownloadをクリックします。


Image::Magickを導入しよう

ミラーサーバーの選択画面になります。
本当は日本のミラーサーバーからダウンロードすればいいのでしょうが、なぜかうまくいかなくて・・・
アメリカ、ImageMagick.org本サーバーからダウンロードすることにします。
ftp://imagemagick.org/pub/ImageMagickを選択してください。


Image::Magickを導入しよう

このようにローカルのフォルダのような画面になります。
binariesをダブルクリックします。


Image::Magickを導入しよう

ここでは最新版であるImageMagick-6.2.5-2-Q8-windows-dll.exeをダウンロードします。
ドラッグ&ドロップなり、ダブルクリックなりでダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。


Image::Magickを導入しよう

ImageMagickのインストーラー画面が表示されます。
ウィザードに従ってインストールしていきましょう。
Nextをクリックします。


Image::Magickを導入しよう

I accept the agreementを選択し、使用ライセンスに同意します。
Nextをクリックしてください。


Image::Magickを導入しよう

Informationです。特段することはありません。
Nextをクリックしましょう。


Image::Magickを導入しよう

インストール先の設定です。
ここもデフォルトのままでいいでしょう。
Nextをクリックします。


Image::Magickを導入しよう

スタートメニュー内のImageMagickショートカットの設定です。
変更する必要はありませんので、このままNextをクリックします。


Image::Magickを導入しよう

Update executable search path
Associate supported file extentions with ImageMagick
Install PerlMagick for ActiveState Perl v.5.8.7 build 813
上記3点にチェックを入れ、Nextをクリックします。


Image::Magickを導入しよう

インストール設定の確認です。
特に最終項目、Additional tasksがちゃんと3項目あるか確認してください。
Installをクリックします。


Image::Magickを導入しよう

Nextをクリックしてください。


Image::Magickを導入しよう

Finishを押してImageMagickのインストールは完了です。
早速mt-check.cgiをもう一度チェックしたいところですが、ImageMagickはWindowsを再起動させないと反映されません。
再起動してからmt-check.cgiにアクセスし、モジュールがインストールされたことを確認してください。

お疲れ様でした。

MovableTypeの基本設定をしていこう