Polipoの設定とチューニング

とりあえずUP。
落ち着いたら導入方法を始め、もうちょっと書き直すつもり。
自分が触ったところだけ色を変えてあります、参考まで。

### Basic configuration
### *******************

# Uncomment one of these if you want to allow remote clients to
# connect:
# クライアントが使うIPを、片方だけコメントアウトして明示する。

# proxyAddress = "::0" # IPv4 と IPv6
proxyAddress = "0.0.0.0" # IPv4 だけ明示してみた。

# If you do that, you'll want to restrict the set of hosts allowed to
# connect:
# 接続を許可するクライアントのIPアドレスを明示する。
# ただ例に従って有効にしてもダメ。
# 複数のIPを有効にしたい場合、改行で明示する。

# allowedClients = "127.0.0.1, 134.157.168.57"
# allowedClients = "127.0.0.1, 134.157.168.0/24"
allowedClients = "127.0.0.1
192.168.24.3
192.168.24.4"
# こんな感じ。

# Uncomment this if you want your Polipo to identify itself by
# something else than the host name:
# プロキシが使用する名前を設定する。
# デフォルトだとコンピュータ名になっている(Windowsの場合)

proxyName = "polipo.mizushima.ne.jp" # ま、とりあえず。

# Uncomment this if there's only one user using this instance of Polipo:
# 一人でPolipoを使用するのならば有効化。
# クッキーのキャッシュ等絡んでセキュリティの話になると思う。

cacheIsShared = false # 明示するとパフォーマンス上がるのかな?

# Uncomment this if you want to use a parent proxy:
# 親プロキシを使用しているのなら有効化。
# Squidを想定してる模様。

# parentProxy = "squid.example.org:3128" # うちはSquid使ってない。

# Uncomment this if you want to use a parent SOCKS proxy:
# SOCKSプロキシを使用しているのなら有効化。

# socksParentProxy = "localhost:9050" # やっぱりうちは使用していない
# socksProxyType = socks5

### Memory
### ******

# Uncomment this if you want Polipo to use a ridiculously small amount
# of memory (a hundred C-64 worth or so):
# Polipoにおけるメモリ使用量を少なくしたいのなら有効化。

# chunkHighMark = 819200
# objectHighMark = 128

# Uncomment this if you've got plenty of memory:
# メモリが充分に搭載されているのならこちらを有効化。

chunkHighMark = 50331648 # 今はメモリ安いからねー。
objectHighMark = 16384 # メインマシンにPolipo入れるならメモリは充分にあるでしょう。

### On-disk data
### ************

# Uncomment this if you want to disable the on-disk cache:
# ディスクキャッシュを使用しないのならば有効化

# diskCacheRoot = "" # 有効にしたいのでここは放置

# Uncomment this if you want to put the on-disk cache in a
# non-standard location:
# デフォルトの位置以外にキャッシュ置きたいのならば指定する。
# C:\以下から指定する。

diskCacheRoot = "/Program Files/Polipo/cache/"
# 私はC:\Program Files\Polipo\cacheとした。

# Uncomment this if you want to disable the local web server:
# ローカルwebサーバーを無効にするのならば有効化。
# Apache等他のwebサーバーではない。

# localDocumentRoot = "" # 結局よく分からないので放置

# Uncomment this if you want to enable the pages under /polipo/index?
# and /polipo/servers?. This is a serious privacy leak if your proxy
# is shared.
# 有効にした場合、複数人でPolipoを使用してるとプライバシー漏洩の恐れ有り。
# http://127.0.0.1:8123/polipo/index? からキャッシュインデックス
# http://127.0.0.1:8123/polipo/serversからサーバーリスト
# の閲覧が可能になる

disableIndexing = false # 私自身しか使わないので双方共に有効化した
disableServersList = false

### Domain Name System
### ******************

# Uncomment this if you want to contact IPv4 hosts only (and make DNS
# queries somewhat faster):
# IPv4しか使わないのならコメントアウトを外す(更に速いDNSサーバーの設定をせよ):

dnsQueryIPv6 = no # IPv4しか使用しないので有効化
dnsNameServer = "192.168.24.1" # LAN内のDNSサーバー、ルーター/CTU等のアドレスを指定

# Uncomment this if you want Polipo to prefer IPv4 to IPv6 for
# double-stack hosts:
# IPv4とv6両方使っていて、v4の方が大事ならコメントアウトを外す

# dnsQueryIPv6 = reluctantly # そもそもv6は使用していないので放置

# Uncomment this to disable Polipo's DNS resolver and use the system's
# default resolver instead. If you do that, Polipo will freeze during
# every DNS query:
# 有効化することでDNSリゾルバ(名前解決)を止めて、localhostで使用中のDNSリゾルバを使用。
# この場合、DNSクエリ(名前解決要求)が来ている間Polipoはフリーズする。
# したがってここを有効にするより、DNSサーバーを直接指定した方がパフォーマンス的に良い。

# dnsUseGethostbyname = yes # パフォーマンスを落とすような事はしたくないでしょう。

### HTTP
### ****

# Uncomment this if you want to enable detection of proxy loops.
# This will cause your hostname (or whatever you put into proxyName
# above) to be included in every request:
# プロキシがループするのを見つけたいならコメントアウト外す。
# ただしホスト名(プロキシ設定名)があらゆるリクエストに含まれることになる。

# disableVia=false # そもそもプロキシがループするっていう方が分からないんですけど。

# Uncomment this if you want to slightly reduce the amount of
# information that you leak about yourself:
# 少しでも自身の情報流出を減らしたいなら外す。
# HTTP_REFERER がnoneに。
# HTTP_ACCEPTの表示項目が変わり、
# HTTP_ACCEPT_LANGUAGEとHTTP_ACCEPT_ENCODINGは外から見えなくなる。
# 他にも効果があるかもしれないけど・・・

censoredHeaders = from, accept-language # 気休めにしかならないと思うけど。
censorReferer = maybe # 一応有効にしてみた。

# Uncomment this if you're paranoid. This will break a lot of sites,
# though:
# 徹底して情報を隠すならこちらを有効にする。
# ただし様々なサイトで不具合が出るようになるだろう。

# censoredHeaders = set-cookie, cookie, cookie2, from, accept-language
# censorReferer = true # 不具合が出ていい人はいないでしょ。

# Uncomment this if you want to use Poor Man's Multiplexing; increase
# the sizes if you're on a fast line. They should each amount to a few
# seconds' worth of transfer; if pmmSize is small, you'll want
# pmmFirstSize to be larger.
# Note that PMM is somewhat unreliable.
# Poor Man’s Multiplexing(高速化する仕組)を使用するのならば有効化。
# 光等高速回線ならサイズを増やしてください。
# PMMは2-3秒で移動の真価に達する必要がある???
# 効果がなければ少しづつ値を増やしてみるべし。
# ただしPMMはあまり頼りにはならない。

pmmFirstSize = 16384 # 頼りにならなくても、やらないよりはマシでしょう。
pmmSize = 8192

# Uncomment this if your user-agent does something reasonable with
# Warning headers (most don't):
# 有効化することでユーザーエージェントがWarningヘッダで何か良いことをします。
# (ほとんどしないけど)

relaxTransparency = maybe # 結局なんなんだ?とりあえず有効化。

# Uncomment this if you never want to revalidate instances for which
# data is available (this is not a good idea):
# データが利用可能である事例(キャッシュ?)を再有効にしたくないなら有効化。
# でもそれは良い事ではない。

# relaxTransparency = yes # 良い事じゃないならやめとこう。

# Uncomment this if you have no network:
# ネットワークを持っていないのなら有効化。
# 有効化するとネットに繋がらなくなる。

# proxyOffline = yes # 何のための設定なんだ?

# Uncomment this if you want to avoid revalidating instances with a
# Vary header (this is not a good idea):
# Varyヘッダーと共に事例(キャッシュ?)を再有効にしたくないなら有効化。
# でもそれは良い事じゃない。

# mindlesslyCacheVary = true # じゃやめとこう。