ネットラジオサーバーを構築しよう

ネットラジオサーバーを構築していきましょう。
ラジオはラジオですが、電波を使っているわけではないので電波法にはなんら抵触しません。
が、やはり誰もが聴くことができますので、放送内容、著作権等には十分注意する必要があります。

とはいえ自宅サーバーで放送する分には、当然URLさえ公開しなければ誰もが聴けるわけではありません。
また帯域も十分ではありませんから、ごく身内が聴ける程度のものになるとは思いますけれどね。

さて、放送するわけですから当然準備するものとしてマイクが必要になってきます。
が、まぁそこはそれ。
マイクも安いものは安いですが、これも無料でいっちゃいましょう。
代わりに用意するものはヘッドホンです。
そう、あの耳にあてて音楽を聴くヘッドホン、イヤホン。
これなら大抵の人は持っているでしょうから、マイク代わりにこれでいきましょう。
嘘みたいですが、マイクの代わりになるんですよ。
マイクの代わりにヘッドホンのスピーカー部分に向かってしゃべる・・・
高価なヘッドホン程シュールな光景ですね(笑)

まずはヘッドホンの端子を、パソコンにつなげます。
このとき接続するのはマイク用の端子へ、色はピンクです。

コントロールパネルを開いてください。

ネットラジオサーバーを構築しよう

サウンドとオーディオ デバイスを開きます。


ネットラジオサーバーを構築しよう

音声タブを開きます。
音声録音の音量をクリックします。


ネットラジオサーバーを構築しよう

マイクの選択チェックボックスにチェックを入れます。
あとは音量を調節すればいいのですが、音量を上げても音が小さいようならばトーンをクリックします。


ネットラジオサーバーを構築しよう

マイクブーストにチェックを入れれば音が大きく入力されます。
もっともノイズも大きく入力されることになるので注意してください。

マイクの設定は以上になります。
ここまでやっても音が上手く出ない場合は、パソコンのサウンドカードが何か影響を与えている場合があります。
各サウンドカードの設定ソフトを見直してみてください。

では、ネットラジオサーバーを構築していきましょう!

SHOUTcastでラジオサーバーを構築しよう