ストリーミングをしてみよう

自分のホームページ上でストリーミングをしてみましょう。

私はとある目的でホームページ上でBGMをながそうとしていました。
しかしmp3はBGMにできない、wavファイルである必要があるのです。
その曲はwavファイルで55MB・・・LAN内ならまだしも、ADSL環境でこんなに大きなページは開けません。
テスト環境ではBGMが流れ始めるのに10分はかかりました。
使い物になりません・・・

一般的に、ホームページ上にmp3をはじめとした音声や動画ファイルを置くと、再生は完全にダウンロードが終了してから始まります。
その解決方法にストリーミングというものがあります。
ダウンロードが完了する前に、ダウンロードしながら再生が始まる、これなら大きなファイルでもユーザーはストレスなく鑑賞することが可能となるのです。

ただ、同時にアクセスされたりするとサーバーの回線速度がネックになってくるかと思いますので・・・上り環境もスピードが出るFTTHサーバーでないときついかもしれませんね。

今回用意するファイルは3つです。
再生したいファイル(今回はmp3)、asxファイル、当然ながらhtmlファイル、以上です。

まず再生したいmusic.mp3をサーバーにアップロードしておきます。

次にasxファイルを作成します。
適当なテキストエディタ、ここではWindows標準のワードパッドでも開きましょう。


自宅サーバーでストリーミング

中身はこんな感じです。

<ASX version="3.0">
何も気にしないで、このようにかきましょう。

<Copyright>著作権表示</Copyright>
著作権があれば、このように書いておきます。
再生中に表示されます。

<Entry>
ここからが実際に再生するファイルを指定です。

<title>タイトル</title>
再生ファイルのタイトルですね、再生中に表示されます。

<Ref href="http://mizushima.ne.jp/music.mp3"/>
サーバー上で再生したいファイルのパスを記入します。
このタグは閉じません、そして/>で閉めるのが特徴です。

</Entry>
</ASX>

閉じタグですね。
記入が終了したら保存します。

ここで注意して欲しいことがあります。
titleタグなどですが、もしmp3本体にタイトルタグなどがすでに付属していると正常にストリーミングすることができません。
注意してください。


自宅サーバーでストリーミング

名前を付けて保存、を選択します。


自宅サーバーでストリーミング

ファイルの種類をテキストドキュメントに変更し、ファイル名は適当で構いませんが拡張子.asxをつけて保存します。
保存したasxファイルをサーバーにアップロードします。

最後にhtmlファイルです。
<A href="http://mizushima.ne.jp/koko.asx">
このasxファイルにリンクを貼り、サーバーにアップロードしてストリーミングの準備は完了です。
実際にhtmlファイルからリンクをクリックしてストリーミング再生してみましょう。

お疲れ様でした。