PHP5を導入しよう

HTTPサーバーでPHP5を使えるようにします。
さっそくPHPの入手に取りかかりましょう。
PHP.netに行きます。

HTTPサーバーにPHPを導入しよう

一番上のところに小さくdownloadsというのがありますね。ここをクリックします。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

上の方から最新版がいろいろ表示されますが、PHP5の最新版を入手します。
ここではWindows Binaries内のPHP 5.2.1 zip packageを選択します。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

ダウンロードするミラーサイトを選択します。日本ならどちらでも構わないでしょう。
Cドライブに保存し、解凍します。
解凍したフォルダは分かりやすいように、私の例ではphpとしました。
HTTPサーバーにPHPを導入しようHTTPサーバーにPHPを導入しようHTTPサーバーにPHPを導入しよう
まず解凍したフォルダ内のphp.ini-distをphp.iniと名前を変更します。
そのままphp.iniをお手持ちのエディタで編集します。
この例では汎用性からWindows標準のワードパットで解説しましょう。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

双眼鏡のアイコンから文字列を検索します。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

cgi.force_redirect = 1という語句を検索してください。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

HITしました。ここを修正します。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

; cgi.force_redirect = 1

cgi.force_redirect = 0に変更してください。セミコロンを取るのも忘れないでください。
同様の手順で、次はextension=php_mbstring.dllを検索します。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

ここも先頭のセミコロンを外しておきます。
同じく、今度はextension_dir =を検索します。


HTTPサーバーにPHPを導入しよう

デフォルトのextension_dir = "./"
extension_dir = "C:\php\ext"に書き直します。

上書き保存します。
HTTPサーバーにPHPを導入しよう
保存したphp.iniをC:\WINDOWSフォルダに移動しておきます。
HTTPサーバーにPHPを導入しよう
同様に、phpフォルダ内にあるphp5ts.dllをC:\WINDOWS\system32フォルダにコピーします。

以上でPHPの導入は終了です。お疲れ様でした。