IISにPerlを設定しよう

サーバーにPerlを導入しただけでは、サーバーソフトIISはPerlを利用することができません。
IIS側にPerlの設定をしていきましょう。

IIS-Perl

既定のWebサイトのプロパティを開きます。


IIS-Perl

ホームディレクトリタブに移ります。
基本設定のところで設定したと思いますが、実行アクセス権をスクリプトおよび実行可能ファイルになっていることを確認し、隣の構成ボタンをクリックします。


IIS-Perl

マッピングタブの追加ボタンをクリックします。


IIS-Perl

Perlのインストール先はC:\usrでしたね。
するとC:\usr\bin\perl.exeというファイルが存在するはずです。
そこで、実行ファイル名にはC:\usr\bin\perl.exe %s %sと入力します。
%s %sはPerlの引数だそうです、kokoにはよく分かりまえんが、これがないとうまく動きません。
拡張子は.cgiです。
入力が終わったらOKをクリックします。


IIS-Perl

拡張子が.plのものもあると思います。
同様に追加します。


IIS-Perl

入力された内容がきちんと追加されているかを確認してOKをクリックします。

以上でPerlおよびCGIが利用できるようになりました。
では本当に動くのか確認します。テストスクリプトを右クリックし、対象をファイルに保存でダウンロードしてIISのドキュメントルートに入れます。
名前はhello.cgiに書き換えてください。
そうしたらブラウザのアドレスにhttp://127.0.0.1/hello.cgiと打ち込みます。
テストページと同じような画面が出れば成功です。
同じ画面が出ないようでしたら設定を見直すか、BBSにでも書き込んでみてください。

PHPを導入しよう