BlackJumboDogでユーザー認証をしよう

BlackJumboDogでユーザー認証をできるようにしましょう。
ユーザー認証とは、特定のURL以下にユーザー名とパスワードの要求をすることです。
これにより自分だけが管理したいページ、家族や友達だけにアクセスさせたいページなどを作ることができます。

BlackJumboDogでユーザー認証をしよう

ではメイン画面から設定、Webサーバから作成した仮想ホストを選択します。


BlackJumboDogでユーザー認証をしよう

認証タブに移ります。
まずはURL、名前、ユーザに必要な項目を記入していきましょう。

URL(Directory):
/から始めます。この/はhttp://mizushima.ne.jp/この最後の/に相当するものと思ってください。
ここの例では/~koko/になっていますので、実際にはhttp://mizushima.ne.jp/~koko/以下にアクセスするときに認証が求められることになります。

名前(AuthName):
別に何でも構いませんが、認証画面で表示されます。
また、パスワードファイル名にも同じAuthNameを必要とします。

ユーザ(Require):
認証により許可するユーザー名です。
パスワードファイルに存在するユーザー名であっても、ここに記入しなければアクセスできないことになります。
セミコロン" ; " で区切ってユーザーを複数追加することができます。

次はユーザーパスワードファイルを作成しましょう。
ノートパッドでもワードパッドでもなんでもいいので適当なテキストエディタを開きます。


BlackJumboDogでユーザー認証をしよう

ここでユーザー名とそのユーザーのパスワードを設定します。
ユーザー名,(カンマ)そのユーザーのパスワードという書式で1行に1人分ずつ書いていきます。
ここではAAAさんにAAApasswordというパスワードを設定しました。(BBBさんも同様)

このファイルをBlackJumboDogのインストール先に保存します。
デフォルトではC:\Program Files\SapporoWorks\BlackJumboDogになっているはずです。

ここで保存する名前ですが、例ではユーザー認証.user.datとしました。
ユーザー認証の部分は、上記BlackJumboDogの方で設定した名前(AuthName)と一致する必要があります。
***.user.datという形にしてください。

以上でユーザー認証が可能となります。
AuthNameを変更すれば、同じAAAさんでもアクセスするディレクトリ毎に違うパスワードを設定するといったこともできますね。

実際にhttp://mizushima.ne.jp/~koko/にアクセスしてみましょう。


BlackJumboDogでユーザー認証をしよう

このようにユーザー認証が求められます。
またここに表示されるユーザー認証の文字が、名前(AuthName)に相当するわけです。

お疲れ様でした。