AN HTTPDの基本設定をしていこう

AN HTTPDの基本設定をしていきましょう。

まず最初にやるべきことは、解凍したフォルダ内にあるscripts フォルダの cmdIS.dll を削除してください。
セキュリティホールになります。

まずはタスクトレイからメイン画面を開きましょう。

AN HTTPDの基本設定をしていこう

メイン画面のオプションから一般をクリックして設定画面に入ります。


AN HTTPDの基本設定をしていこう

ドメイン名はうちのドメイン、mizushima.ne.jpで考えましょうか。自分のドメインで置き換えて考えてください。
まずは一般タブです。
上の方から見ていきましょう。

ドキュメントルート
ドキュメントルートというのはURLが
http://mizushima.ne.jp/
で表示されるフォルダを示します。

サーバー内のフォルダ位置   D:\AN HTTPD\public_html
ブラウザから見る場合      http://mizushima.ne.jp/

デフォルトインデックス
さて、うちのサイトなどを見ると、URLはhttp://mizushima.ne.jp/になっていますよね。
しかし上述した通り、http://mizushima.ne.jp/というのはD:\AN HTTPD\public_htmlというフォルダにすぎません。
つまり、このままではhtmlファイルを表示することはなく、通常はエラー表示されることになります。
言っていることが分かるでしょうか?
つまり当サイトの場合、正確なトップページのアドレスというのは
http://mizushima.ne.jp/index.html
になるわけです。
が、まぁ実際にはindex.htmlを打ち込むことなくトップページが開いているわけですね。
その設定が次の行にある、デフォルトインデックスです。
これはフォルダのみを指定した場合、サーバー(AN HTTPD)が自動でどのファイルを表示するか検索してくれる設定です。
通常はここにindex.htmlとあるので、http://mizushima.ne.jp/というURLでhttp://mizushima.ne.jp/index.htmlが表示されるわけです。
この例ではindexhtml,index.phpと記入してあります。
カンマで区切って、index.htmlが存在しなかった場合、次はindex.phpを自動検索させる設定です。
必要に応じてindex.htmやindex.cgiなど記入しておくといいでしょう。

http://mizushima.ne.jp/index.html → http://mizushima.ne.jp/

デフォルトインデックスの次の欄は、チェックを外すとともに、内容も消去しておきましょう。

リモートホストを取得
ログの取り方の設定です。
閲覧者があなたの構築したサイトを見た場合、ログには閲覧者のIPアドレスが残ります。
リモートホストを常時、あるいはCGIもしくはSSI時に取得した場合、アクセスしてきたホスト名がログに残ることになります。
必要ならば設定すればいいでしょうが、リモートホストを取得する場合レスポンスが若干悪くなるのでここでは取得しない設定にしてあります。

SSI CGIを許可する
そのままですね。
せっかくの自宅サーバーですからチェックを入れておきましょう。
SSIは使う予定がないのならば、外しておいた方がレスポンスは良くなります。

適用をクリックし、エイリアスタブに移りましょう。


AN HTTPDの基本設定をしていこう

エイリアスタブです。

順序が逆ですが、最初に一番下の拡張子を見てください。
説明の通りで、デフォルトインデックスと似たような設定ですね。
レスポンス重視で、ここはチェックを外しておきましょう。

仮想パス
http://mizushima.ne.jp/cgi-bin/
http://mizushima.ne.jp/scripts/
で表されるフォルダの、サーバーでのフォルダの位置を指定します。
ドキュメントルート同様URLを固定し、そのURL(http://mizushima.ne.jp/cgi-bin/)に対して自由なフォルダを割り当てることができるわけです。
あまり深く考えることも、設定を変更する必要もないでしょう。

一般パス
ここで、いわゆるユーザーディレクトリを作成することになります。
ユーザーディレクトリというのは・・・具体例を出した方が早いですね。kokoのユーザーディレクトリを考えます。
kokoのユーザーディレクトリというのは
http://mizushima.ne.jp/~koko/
で表されるフォルダを指定してやるのが、この一般パス=ユーザーディレクトリの設定になるわけです。
ユーザーディレクトリのミソは、ドキュメントルート配下には存在しないディレクトリを、ブラウザ上ではあたかもドキュメントルート配下にあるように見せることができることです。

追加をクリックしましょう。


AN HTTPDの基本設定をしていこう

仮想パスに/~kokoでhttp://mizushima.ne.jp/~kokoが有効になります。
下のローカルパスでサーバー内のフォルダ、ここではD:\AN HTTPD\koko\public_htmlを指定してやります。

ちなみにここではD:\AN HTTPD\koko\public_htmlを指定しました。
ドキュメントルートは上の設定ではD:\AN HTTPD\public_htmlです。
つまりD:\AN HTTPD\kokoというディレクトリはインターネット側からは見えないことになります。
そしてFTPでのkokoのホームディレクトリをD:\AN HTTPD\kokoに指定してやれば・・・
ユーザーkokoはホームディレクトリD:\AN HTTPD\kokoで他人に見られたくないファイルの管理、D:\AN HTTPD\koko\public_htmlでは他人=インターネットで公開するファイルを使い分けることができるようになるわけです。

OKを押して戻りましょう。


AN HTTPDの基本設定をしていこう

仮想パスの確認ができたら適用ボタンをクリックします。

ブラウザから見る場合      http://mizushima.ne.jp/~koko/
サーバー内のフォルダ位置   D:\AN HTTPD\koko\public_html

表示/インデックスタブに移ります。


AN HTTPDの基本設定をしていこう

表示/インデックスタブです。

メッセージ
ここではエラーメッセージの表示方法を設定します。
一番上のサーバ名/バージョンをエラーメッセージ/インデックスリストで表示のチェックを外します。
ここのチェックを外しておかないと、エラーを表示するときにサーバーがAN HTTPDということや、AN HTTPDのバージョンが表示されてしまいます。
サーバーソフトやバージョン情報はセキュリティホールになりかねませんのでチェックを外すわけです。

オリジナルのエラーメッセージを作成したい場合は、下のエラー401や403他にチェックを入れ、D:\AN HTTPD\messagesというフォルダ内に401.htmlというファイルを置いてやればいいわけです。
もちろんファイルまでのパスやファイル名の変更も可能です。
ちなみに各エラー番号の意味は主に下記の通りです。

401 Unauthorized パスワード制限など認証が必要なときに、正しく認証されなかった場合に表示されるエラーページ
403 Forbidden 特定のホスト・IPの許可/制限を行っていて弾かれた場合のエラーページ
404 Not Found リクエストされたページが無い場合に表示されるエラーページ
500 Internal Server Error CGIのエラー の設定ミスの場合に表示されるエラーページ

サービスタブに移ります。


AN HTTPDの基本設定をしていこう

サービスタブです。

サービスにチェックを入れてOKをクリックすることで、AN HTTPDがサービスとして実行されるようになります。

☆サービスというのはバックグラウンドで実行されるアプリケーションです。様々な機能を、ローカルで、またネットワークを介してユーザーに提供します。
そしてこれらは普段我々が意識することなく、OSが起動したときに自動で起動しているもので、サービス失くしては我々はまともにWindowsを操作することもままなりません。。。

以上で基本的なAN HTTPDの設定は完了です。以後はCGIやPHPを利用するための応用設定になります。

Perlを導入しよう