AN HTTPDにPHPを設定しよう

サーバーにPHPを導入しただけでは、サーバーソフトAN HTTPDでPHPを利用することができません。
AN HTTPD側にPHPの設定をしていきましょう。

AN HTTPDの設定画面を開いてください。

AN HTTPDにPHPを設定しよう

拡張子の追加ボタンをクリックします。


AN HTTPDにPHPを設定しよう

拡張子には.phpと入力しておきましょう。
実行プログラムは、PHP4の場合はC:\php\phpと入力します。
PHP5の場合はC:\php\php-cgiと入力します。
もちろん解凍したフォルダ名にあわせてくださいね。
一般パスでも実行する、と、PATH_TRANSLATEDを使うにチェックを入れてOKを押します。


AN HTTPDにPHPを設定しよう

拡張子の.phpの項目を確認してください。
OKボタンを押してAN HTTPDを再起動させます。


AN HTTPDにPHPを設定しよう

OKボタンで再起動実行です。

お疲れ様でした。設定は以上で完了です。
が、やっぱり正常に機能しているか確認しましょう。

テキストエディタ、メモ帳、ワードパットなんでもいいので
<?php phpinfo();?>
とだけ書いて、test.phpという名前で保存してください。保存先はAN HTTPDのドキュメントルートにしておきます。
そうしたらブラウザにhttp://127.0.0.1/test.phpと打ち込んでみてください。
このような画面が表示されればPHPは正常に稼働しています。

お疲れ様でした。

eAcceleratorを使ってPHPを高速化しよう