04WebServerにPerlを設定しよう

サーバーにPerlを導入しただけでは、サーバーソフト04WebServerはPerlを利用することができません。
04WebServer側にPerlの設定をしていきましょう。

では、サーバーコントローラーを開いてください。

04WebServer-Perl

ディレクトリ設定からドキュメントルートの状態を見ると、SSI/CGIに×がついていて使用不可になっているのが分かりますね。
では、ドキュメントルートでCGI(Perl)を利用できるようにしていきましょう。
ディレクトリを選択し、編集をクリックします。


04WebServer-Perl

詳細設定タブから、SSI/CGIを許可にチェックを入れOKをクリックします。
他にも許可したいディレクトリがあれば、同様の設定を繰り返します。


04WebServer-Perl

続いてサーバの設定から、CGI、SSIの設定をクリックします。


04WebServer-Perl

上から2番目にある、cgiの項目を選択しておきます。
ページ中程にあるCGI実行コマンドに、実際にPerlまでのパスを書き込み、その後直下のボタンから%FilePath% %Query%を追加します。
最後に上書きします。


04WebServer-Perl

選択したcgiの項目が変更されたでしょうか。
確認したらOKを押します。


04WebServer-Perl

最後にお決まりのサーバ再起動を実行することで、04WebServer上でPerlが利用できるようになります。

以上でPerlおよびCGIが利用できるようになりました。
では本当に動くのか確認します。テストスクリプトを右クリックし、対象をファイルに保存でダウンロードして04WebServerのドキュメントルートに入れます。
名前はhello.cgiに書き換えてください。
そうしたらブラウザのアドレスにhttp://127.0.0.1/hello.cgiと打ち込みます。
テストページと同じような画面が出れば成功です。
同じ画面が出ないようでしたら設定を見直すか、BBSにでも書き込んでみてください。

お疲れ様でした。

PHPを導入しよう