NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行していきましょう。
まずは管理画面を開きます。

NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

左から2番目のアイコン、人型のアイコンをクリックします。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

追加ボタンをクリックし、ユーザーを作成していきます。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

ユーザータブで、ユーザー名、パスワードを入力します。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

ディレクトリ操作タブに移ります。
追加ボタンをクリックし、ディレクトリを指定します。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

ここではD:\を指定しました。
homeに設定、をクリックすることでユーザーkokoのホームディレクトリはD:\になります。
ホームディレクトリとはFTPでログインしたときに表示されるデフォルトのディレクトリのことです。

ディレクトリ内で許可する行動をチェックして指定します。
リジュームとは、ダウンロードもしくはアップロードを途中で切断したとき、続きからダウン/アップロードできるようにする機能です。

OKをクリックします。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

作成できたユーザーを確認して、OKをクリックすればユーザーアカウントの発行は終了です。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

NekosogiFtpdにはグループ機能もありますので、これも使ってみましょう。
グループボタンをクリックします。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

グループ名を入力し、追加をクリックします。
設定内容は個別にユーザーを作成するときと変わりません。


NekosogiFtpdのFTPアカウントを発行しよう

実際にユーザーをグループに所属させてみましょう。
ユーザー設定にて、グループで登録するにチェックを入れます。
あとはグループを指定して、OKを押せばユーザーは指定したグループに所属することになります。
グループに所属したユーザーのディレクトリ操作などは、グループ設定に依存することになります。

以上でNekosogiFtpdにおけるFTPアカウントの発行は終了です。
お疲れ様でした。

SSL化の前準備