Windowsメールの設定方法

WindowsメールはWindows VISTAに標準で用意されていて、今後最も普及されるであろうメールクライアントです。
要するにOutlook Expressの後継ソフトで、設定もほとんど変化ありません。
まぁとにかく起動して設定していきましょう!

Windowsメールの設定方法

ツールからアカウントを選択します。


Windowsメールの設定方法

追加をクリックします。


Windowsメールの設定方法

電子メールアカウントが選択状態になっていますので、このまま次へ、をクリックします。


Windowsメールの設定方法

メール送信時に相手に表示される名前部分です。
本名でもハンドルネームでも好きに設定して次へ、をクリックします。


Windowsメールの設定方法

使用するメールアドレスを入力します。
サーバーのアカウント@サーバーのドメインという形になっています。
次へ、をクリックしてください。


Windowsメールの設定方法

受信メールサーバーの種類を選択します。
POP3かIMAP4ですね、対応している方を選択します。
受信メールサーバー、送信メールサーバーには構築したサーバーのドメインが入ります。
この時SMTP-AUTH対応サーバーの場合は、送信サーバーは認証が必要の項目にチェックを入れます。
デフォルトではSMTP-AUTHに使用されるユーザー名/パスワードは受信用のものと共通です。
次へ、をクリックします。


Windowsメールの設定方法

発行したアカウント名とパスワードを入力します。
KiriumやXMailの場合はメールアドレスがそのままアカウント名になります。
次へ、をクリックします。


Windowsメールの設定方法

完了を押して、ひとまずは設定完了となります。
以後は構築したメールサーバーに合わせてSMTP-AUTHやSSL化の設定をしていきます。


Windowsメールの設定方法

この画面まで戻ってきますので、今作成したアカウントを選択したままプロパティをクリックします。


Windowsメールの設定方法

SMTP-AUTHを使用する場合の設定です。
Mercury/32などで受信パスワードと送信パスワードが違う場合は、設定をクリックします。


Windowsメールの設定方法

受信パスワードと送信パスワードが違う場合は次のアカウントとパスワードでログオンする、を選択しアカウント名とパスワードを入力してOKをクリックします。
パスワード、ユーザー名が受信と同じならば変更する必要はありません。


Windowsメールの設定方法

引き続きSSL化したメールサーバーの設定方法です。
詳細設定タブを選択します。
送信メール、受信メール双方の、このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要にチェックを入れます。
送信メールのポート番号を465に、受信メールがPOP3ならポート番号を995、IMAP4なら993にします。
サブミッションポートを利用する場合は送信メールサーバーのポート番号は587になります。
OKをクリックして設定は全て完了です。

お疲れ様でした。