CentOSのアカウントを管理しよう

サーバーを使用するユーザーのアカウントを発行しましょう。
ここで発行したアカウント/パスワードはFTPやメールの認証に用いられることになります。

では、早速アカウントを発行してみましょう。
Webminを開きます。

CentOSのアカウントを管理しよう

システムをクリックしてください。


CentOSのアカウントを管理しよう

ユーザーおよびグループ、をクリックします。


CentOSのアカウントを管理しよう

新しいユーザを作成、をクリックします。


CentOSのアカウントを管理しよう

ユーザ名を入力します。
シェルは/sbin/nologinがいいでしょう。
通常のパスワードにチェックを入れ、パスワードを入力します。
下にスクロールしていってください。


CentOSのアカウントを管理しよう

作成、をクリックしてユーザーアカウントの発行は完了です。
この時点でユーザーのホームディレクトリは /home/ユーザー名 です。


CentOSのアカウントを管理しよう

今度はパスワードを変更してみましょう。
同じくシステムにある、Change Passwordsをクリックします。


CentOSのアカウントを管理しよう

先ほど作成したユーザー名をクリックしてください。
ここを見ると自分が作成したわけでもないのにユーザーがたくさんいるように見えますが、これは各デーモン=ソフトのユーザーになります。
戸惑うかもしれませんが、Linuxでは各ソフト毎にユーザーが必要な事が多いのです。
下手に触って起動できなくなったりセキュリティホールになっても困りますから、自分が作成したアカウント以外は放置しておいてください。


CentOSのアカウントを管理しよう

パスワード、確認用パスワードを入力し、Changeをクリックしてパスワードの変更完了です。


CentOSのアカウントを管理しよう

最後にユーザーを削除してみましょう。
またユーザおよびグループを開きます。


CentOSのアカウントを管理しよう

作成したアカウントの先頭にチェックを入れ、Delete Selected Usersをクリックします。


CentOSのアカウントを管理しよう

Delete Users and Home Directoriesをクリックするとユーザーおよびユーザーのホームディレクトリが削除されます。

以上です。
お疲れ様でした。