Linuxサーバーで自宅サーバーを構築しよう

パソコン=Windows。
世間の9割以上の人はそう思っています。
でもMacintoshやLinuxの名前くらいは聞いたことがあるという人も多いはず。
そう、何もパソコンとはWindowsだけではありません。
Windowsというのは単に最も普及しているOSに過ぎません。

そう、ここではWindows以外のOS、Linuxに触れてみましょう。
なぜLinuxか?
普通のWindowsが動いているパソコンで動くからです。
WindowsやMacintoshと違って無料だからです。
管理人が使ったことがあるからです・・・(汗)

kokoもLinuxに関してはまともな知識がろくにありません。
よって質問はしない方向でお願いします。

Linux

Linuxと一言で言っても、実に様々なディストリビューションが存在します。
正確に言うと、LinuxというのはOSの核となる部分、カーネルと呼ばれるものに過ぎません。
しかし核だけではまともに操作することはできませんよね。
だから核となるカーネルに付随すべきものをパッケージングして配っている団体、これがディストリビューションです。
Linuxのインストールには、まずこのディストリビューション選びから始まります。

CentOS

CentOSは、そんなディストリビューションの中の一つです。
Linuxの世界で最も普及しているディストリビューションに、Red Hat Linuxというものがあります。
しかしRed Hatは有料、そのサポートには1年間に10万円近くもの金額が必要とされます。

高い。
高すぎて個人では付き合いきれません。
よってRed Hat LinuxのクローンOSともいえる、CentOSをここでは扱ってみましょう。
CentOSはRed Hat Linuxから登録商標を消去したものをパッケージングしているディストリビューションであり、Red Hat Linuxとほぼ完全な互換性を保ちます。
だからネットでの情報量も多い=kokoでもなんとか触っていられる。
こんな図式です。

さぁ、はじめてみましょう