CentOS5をインストールしよう その2

〜インストール中にソフトウェアRAIDを構築しよう〜

インストールの続きです。
OSインストール時に、ソフトウェアRAIDを構築してしまいましょう。
RAID(ここではRAID1)、ハードディスク2台に全く同じ内容のものを書き込んでいくことでデータの冗長性を確保しようというものです。

ハードディスク1台でインストールする場合、このページは無視してもらってかまいません。

CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

デフォルトで区切られているパーティションを全部削除するところから始めます。
削除ボタンを押して、全部削除しちゃってください。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

削除が終了したら、RAIDボタンをクリックし、RAID用にパーティションを区切っていきます。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

ソフトウェアRAIDパーティションを作成します、のままOKをクリックします。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

ファイルシステムタイプをsoftware RAIDにしておきます。
使用可能なドライブ、ここではhdaにだけにチェックを入れます。
容量は100のままです。
追加容量オプションは固定容量にチェックを入れます。
OKをクリックします。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

基本的には先ほどの作業の繰り返しです。
ただし、今度は追加容量オプションを指定限度まで使用とし、512MBにしておきます。
OKをクリックしてまた繰り返します。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

最後のパーティション2つは最大許容量まで使用、にチェックを入れておきます。
ここまでの作業をhdbのハードディスクにも繰り返し設定してください。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

計6つのパーティションを区切ったら、今度はRAIDデバイスを作成します。
OKをクリックしてください。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

マウントポイントを/bootとし、ファイルシステムはext3のままです。
RAIDレベルをRAID1にします。
hdaとhdb、100MBでパーティションを切ったものにチェックを入れます。
OKをクリックします。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

同様の操作を繰り返します。
512MBでパーティションを切ったhda、hdbのファイルシステムはswapにします。
この時自動的にマウントポイントは利用不可になります。
swapまでRAID1にすることは意味がないのでしょうが、管理を簡単にするためです。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

最後は最大許容量までパーティションを切ったhda、hdbですね。
マウントポイントを/にします。
ファイルシステムはext3、RAIDレベルは当然RAID1です。


CentOS5をネットワークインストールしながらRAIDを組もう
                     クリックで拡大

全部で6個のパーティションを切り、3つのRAIDデバイスを作成しました。
上記のようになっているでしょうか?
OKならば次、をクリックします。

CentOSをインストールしよう インストール完了まで